feline

totonomori

feline ととの森とは

フィーラインととの森(一般社団法人)は、行き場のない猫たちの命を繋ぐための活動をしています。

母猫から逸れた子猫、飼い主が居なくなった子、捨てられた子など、様々な事情で行き場をなくした猫たち、年間150頭程の保護猫を受け入れ、新しい家族(里親様)にお渡ししています。

また、そのために必要な活動も行っております。

◇行き場のない猫たちを受け入れ、里親様へと繋ぐための「シェルター」

◇病気や高齢猫たちがのんびり療養するための「サナトリウム」

​◇シェルターやサナトリウムの維持運営のための「喫茶ととの森」

​◇里親様や保護主様、ご支援者様の癒しの為の空間「ととの森ガーデン」など。

猫と人が互いに癒される場所を創り、保護された猫たちが終生幸せで暮らせることを願い、​そのために必要な活動をしていきます。

IMG_2789.JPG
IMG_2787.JPG
IMG_2790.JPG
IMG_2791.JPG

​沿革

  • さえずり
  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン

◇2016年5月、千葉県船橋市に「保護ねこカフェ ととの森」をオープン。

猫たちにストレスの少ない保護ねこの譲渡の場所・アニマルセラピー効果による癒しの場所、猫のことを知っていただく場所を目指す。

◇2019年7月クラウドファンディングによりシェルター開設

任意団体「キャットシェルターととの森」設立。

保護猫年間100頭の受け入れ、病気・子猫の受入。猫と人に寄り添った保護猫シェルターを目指す。

2019年6月までは、カフェで3年間で約70頭、併設した無料譲渡会場で約50頭が里親様の元へ  

2019年7月~2020年6月は、シェルター、カフェ併せて、年間約150頭が里親様の元へ。

シェルター設立2年目は、さらに増加傾向にある。

◇2021年2月 病気や高齢猫などストレスを受けやすい猫の為の療養施設「サナトリウム」計画の為の建物を借りる。

​◇2022年2月17

 一般社団法人「Felineととの森」を設立。

◇2022年2月28日

 保護猫カフェ「ととの森」閉店。6年間ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

◇2022年3月26日

​ 保護猫施設の維持運営のために、「喫茶ととの森」をオープン

   

各種届出

◆一般社団法人Felineととの森(非営利型)

2022年2月17日設立

代表理事 今村 瞳

 副理事 板橋 良

  理事  鈴木 照子

  理事  根本 則子

  理事  伊藤 典子

  監事  板橋 響子

◆喫茶ととの森

千葉市飲食業許可 2022年3月22日

衛生管理責任者 今村 瞳

◆Catshelterととの森

第2種動物取扱業(譲り渡し)千葉市届け出

​ 動物取扱責任者 今村瞳